naked eyes 2008 〜the second half year〜

■ You've Lost That Lovin' Feelin' ■ 2008年11月02日21:41

ライチャスブラザーズの曲ですが、
ホール&オーツの曲の方で耳にして知っている人
もいるかと思います。
トムクルーズ主演の映画「Top Gun」のワンシーンですが
酒場で出会った女性に対して、トムが生歌で声をかける時
に歌うのがこの曲でした。
僕も普段口ずさんでしまう曲の一つです。
それともう一つ、
トムのパイロット仲間が子どもを膝に乗せて
ジェリー・リー・ルイスのGreat Balls of Fireを歌うシーン
が大好きです。
もしピアノが弾けたら絶対真似したと思います。

■ Oliver's Army ■ 2008年11月15日23:31

エルビスコステロはとてもカッコいいミュージシャンだと
思います。
彼の「ビートルズのファンです」って率直に答えるところ
彼がギターを演奏するところ、彼の声、彼のメガネ…
この曲のピアノがとても心地よくて、何度聴いてもいいですね。
なんだか気持ちが軽やかになるポップな曲で、
こんなピアノが自分でも演奏できたらいいなって思います。

■ Rosalita (Come Out Tonight) ■ 2008年11月16日21:36

ブルース・スプリングスティーン。
彼は有名すぎて僕の口から語ることは何もないんですが…
20年程前?だったかな。たまたま友達の部屋を訪問した時
テレビでRosalitaのライブビデオが流れていて、
挨拶も忘れて見入ってしまったのが彼との出会いであり、
ファンになるきっかけでした。
ある雑誌の記事で彼は、
「ピュアであり続けるためにRock'nRollをやっているんだ」
って答えていたんですが、この言葉がなぜかずーっと頭の中
に残ってしまって、彼のこの言葉の意味について
考え込むことがよくあります。

■ kokomo ■ 2008年11月21日01:18

寒くなってくると、夏の曲を聴きたくなる時が
よくあります。
冬の澄んだ夜に、ビーチボーイズの曲が
結構しっくりきます。
ビーチボーイズの数ある曲の中でお気に入りの一曲が
kokomoです。
トムクルーズ主演の「カクテル」の挿入歌ですが、
この映画のバーのカウンターで主人公のバーテンダーが
詩?を朗読するシーンがグッときます。
音楽と酒とバラの日々…
それぞれが人生を楽しむアイテムの一つ
になっているのかもしれません。

■ Nowhere to Run ■ 2008年11月29日01:31

マーサ&ヴァンデラスっていう女性グループの曲ですが、
モータウンミュージックは、癖になるって言うか、
どれを聴いても体にしっくりくるのが不思議です。
なぜ、こんなに心地よく聞こえるんだろうって
考え込んだ時期もありました。
でも、音楽って、そんな難しいことは抜きにして
良いものは良いというのが結論ですかね。
この曲は、映画「グッドモーニング・ベトナム」の挿入歌
に使われていて、サウンドトラック盤の1曲目を飾ります。
実在したDJが主人公の映画らしいですが、数ある戦争映画
の中でもお気に入りの映画の一つです。

■ Winter Wonderland ■ 2008年12月05日20:43

フィル・スペクターのクリスマスアルバム
「a Christmas Gift to You」の1曲ですが、
誰が歌っているのかは気にしたことがなかったので
今でも僕の中では不明です。
彼のアレンジしたクリスマスソングの中でも、この曲が
一番のお気に入りです。
冬の街を歩く時に頭の中で自然と流れてくる曲で、お店の
どこからかこの曲が流れてきたりすると、うれしくなって
口ずさんでしまいます。
モータウンがなぜだか体になじむのと同じで、
フィルスペクターの曲も不思議と体になじむというか、
何度聴いても飽きないですね。

■ Like A Rolling Stone ■ 2008年12月14日21:20

ボブディランの代表曲なんですが、僕の場合、
どちらかというとローリングストーンズが歌っている方
を指しています。
古い話ですが、
"Bridges To Babylon Tour"大阪ドーム公演に行った時
この曲を歌っているミックを見て、当時シャレが効いてる
ととればいいのか、彼らはなぜこの曲をライブで歌って
いるのか?って考え込んだ記憶があります。
「どんな感じがする?」「どう感じる?」
そう問いかけてくるように聞こえるこの歌は、
人間にとって大事なことを曲にしている気がする。
世の中の平気で人の嫌がる事をしている人達へ…
「どんな気がする?」

■ A Day In The Life ■ 2008年12月29日22:53

数年前に読んだ本ですが、
タイトルも作者も忘れてしまって…
人生の最後、自分が死ぬ直前に最後に一曲だけ聴く
としたらどの曲を?
っていうテーマの本でした。
これはホントに悩みました。だって最後の一曲ですよ?
いわば自分の人生を最後にその一曲で表現するとしたら?
って問われているみたいで、自分だったらどの曲にしようか
迷って死んでしまうまでに決まらない可能性があるかも…。
今でも、自分が死ぬ前にはこの曲を!
って決められずにいます。
で、
とりあえず、今年の最後に聴く曲は?って聞かれたら、
散々迷ったあげく、この曲、
ビートルズのA Day In The Lifeです。
なぜ?って、来年もまだまだ人生いろんな曲が聞けるから
ちょっとした理由で決めました。
人生ちょっとしたことですよ。

→next 2009
→back to 2008_a