山中さん
個人名がなんで取り上げられてるか言うと実は、山中尚美と言う女の子で小学1年から6年まで偶然にも同じクラスで、恐ろしいくらい、私の事を知ってる、危険人物だから、あえて項目として取り上げてるんです。

今は、小学校入学時の机はどうなってるのかは理解りませんが、僕らの時代は、木の机で2人掛けの長机でした。椅子も木で、すべて木で作られてました。
名前も良く似てたものですから、小学校入学時に同じ机で勉強する事になったのが彼女との長い6年間の始まりでした。彼女は、天然パーマがかかってて、よく天然とか言ってからかってました。
ほんなら、えらい気の強い子やって、授業中でも太ももつねってきよって、ホンマにアオタンだらけ、長机だからまん中に線を引いて、こっから出たら承知せぇへんでぇと、ww
ほら、空中とか言って、やると彼女には通用しなくて攻撃の嵐ww参りました、同級生の女の子はみんな怖かった。(爆)
だから、彼女は私の小学校の出来事はみんな把握してるわけで、私の中で彼女はちょっと厄介な存在ですね。
自由研究とか、班に分かれたりそんな時もおんなじ班やったり、俺も彼女の性格とか把握してたし、上級生になる頃には、上手く距離を取って上手に対応出来るようになってましたわ。

清い交際のきっかけとなった時も、彼女居ましたからね。
小学校卒業して家に帰ってきて、テレビ見てたら同じクラスやった宮田さんが、山中さんと一緒に家に来て、宮田(みや)さんが、これ読んでって紙出そうとしたら、飛んでしまって、俺んとこに来てしまったから、読んでしまった。
ラブレターだったwびっくりしたよー。
こうした経験から、山中さんには、私のいろいろなことを知られてるわけで、なんか怖い存在でした。
中学生になると山中さんとは3年間一度も同じクラスになる事はありませんでした。けど、小学生の時代の事はよく言われました。
高校も同じ高校に進学しましたが、3年間同じクラスになる事はありませんでしたが、小学生の時の事を言われる事はたびたびありました。>┼○ バタッ