アマチュア無線
アマチュア無線に興味を持ったきっかけは、あれは中学3年の時、当時通っていた塾の先生が(先生と言っても大阪教育大学の大学生だったんですが)、その人が車にアマチュア無線を積んでいて、音声が流れてたんですよね。それがアマチュア無線に興味を持つ事になったきっかけでした。
高校に行く事になり、偶然小学校の時の同級生がアマチュア無線をしてると言う事で、とにかく早く免許を取る方法が無いかと、教えてもらい。講習を受ければ早く取れると言うことで、夏休みに講習を受け夏休み中に、免許を取る事が出来ました。
まぁ私が今こうしてホームページを作る事をしてるのもたぶんアマチュア無線をしてたから今があるんだと思いますわ。
ローカル仲間の辻本が6mAMに誘ってくれて、ローカルラグチューをはじめるようになり、6人ぐらいのローカルが近くの、さとで集まって深夜までアイボールしてた事がよくありました。
あの頃って、平日、時間なんか気にせずラストオーダーまで居座って、なにを喋ってたんやろ?
なんしか、たむろしていたような記憶があるな。
よくAMでラグチューしてたから、そんなある日、50.550MHzで南大阪A3ロールコールがやってるから参加して見ないかという事を言われて、初めての体験でどんなものかとハラハラドキドキ、チェックインしてみました。
それがきっかけで先輩の森さんと知り合うようになり、竹中さんと知り合い、のちに南大阪A3ロールコールのスタッフとしてイベント等参加するきっかけを作ってくれました。
グランドミーティング、ハムフェアー等、いろんなHAMに関するイベントに参加し、いろんな人と交流を深めて行ったのもこの時期でした。
鈍行で東京まで行って見たり、名古屋での2エリアのグランドミーティングに参加して見たりすごく充実してた日々を送ってました。

なぜ、アマチュア無線に惹かれたと言えば、1つは、世代を超えて話が出来る。2つ目は、いろんな地域の人と話が出来る。3つ目は、自分の電波がどこまで飛ぶのかわからないロマンがある。4つ目は電話代を気にせずに、喋る事が出来る。

今、私が得てる知識はアマチュア無線を通して年配の人からの知恵や知識が多いかと思います。いろんな地域の人々との交流は、季節によって通信地域が変わる6mでは、6月ぐらいから8月終わりぐらいまで北海道を初め沖縄、東京、東北地方、九州等、日本及び海外との交信も期待できるから、すごく自分にとって魅力的でした。

アマチュア無線をして、記憶に残ってるのは、50MhzSSBで5/8λGPで日本で初めてギリシャとQSOした事でしょうか。
偶然ギリシャのアマチュア無線局がCQを出して、わずかに聞える中、コールしました、なんとかQSO成功その後、次々とギリシャのアマチュア無線局を呼ぶJAのパイルアップ、思わず、え???訳が理解りませんでした。後日、ギリシャ初入感とトップ記事に・・・。
思わずガッツしてましたわww。でもQSLカード送って無いから証明にはならんけどww。まぁ自分のログに書いてるから、それで良いかと。証明なんか要らん、記憶に残っておけば良いと。

もうひとつ、中国との関わりは、このアマチュア無線におけるところが大きいです。
21MHzで蘇州の当時14歳のゲストオペレータが片言の日本語でCQを出してたから興味本位でコールし、それがきっかけとなって10年以上文通してました。今はある理由で音信は途絶えたのですが、この事も私の中で印象深い出来事でした。

あと、アマチュア無線がきっかけで、専門学校(情報通信)に進学して、自分は電波伝搬について興味を持って6mでの伝搬実験を四季を通じてやってました。
季節によって電波伝搬が変わる、すごく神秘的、太陽黒点の増減によって電波伝搬が変わって行く、私にとって不思議で惹き付けられるものがありました。
せっかく専門学校に行ったのにコンピュータはまったく関心が無くもっぱら電波伝搬にばかり興味を持っててほんと今となっては、プログラムとかちゃんとやっとけば良かったと、後悔してますがね。*o_ _)oバタッ

今は、無線では無くインターネットで中国と関わりを持つ、中国のチャットに参加する事が非常に多いですが、喋る事はアマチュア無線をしてた時にコンテストとかで24時間、ほとんど休み無く声を出してた記憶がありますから苦にはならない、でも今ではあの頃の勢いが無いから、24時間は、無理だと思いますがね。_(__)ノ彡☆ばんばん!
そうそう、エンドレステープを手に入れてからは、エンドレステープが大活躍してましたね。ww